ピロリ菌から胃を守るために

胃の病気になりやすいピロリ菌

胃の病気になりやすいピロリ菌 ピロリ菌とは、胃の入り口や胃の中に好んで住みつく攻撃的な菌で、胃壁を傷付ける大変厄介な細菌です。
胃の中は強力な酸性なため、通常の細菌は住みつく事は不可能なのですが、この菌だけは特別で胃の中で生きる事が出来るのです。
慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因となり、胃の病気に大きく関わっておるため、放っておけば悪化した挙句に胃癌になる確率が20倍以上にも跳ね上がります。
また、衛生状況が悪いところでピロリ菌が繁殖しやすく、感染する人も多い傾向にあります。
同じ国でも経済状況が悪い地方には感染者が多く、戦後の衛生状態が悪い時代に生まれ育った年代の方は、高い確率で感染していると予測されます。
50代以降で感染している確率は70%以上に達しているでしょう。
しかし、このように感染率が高い菌であっても、必ずしも胃潰瘍や十二指腸潰瘍になるとは限らず、感染者の中の5%程しか発症しません。
また一方で、胃癌患者の80%がピロリ菌に感染していることが分かっています。
慢性的に胃が痛んだり、胃もたれなどがあり場合、胃潰瘍や十二指腸潰瘍と診断された場合には、胃癌にまで発展しない為にも、ピロリ菌の除菌をする事が非常に大切なのです。

きちんと対策をすればピロリ菌は怖くない

口に入れるものはできるだけ安全なものに変えることが対策の第一歩といえます。
特に水はきちんと清潔になっているものを利用するとよいです。
不衛生なものの中にピロリ菌がいることもありえます。
場合によっては、ピロリ菌にすでに感染してしまっていることもあります。
医療機関で検査を受けているかいないかの確認をしておくことです。
ピロリ菌がいたとしても薬を使って除菌するまたは食べ物によって改善する方法があります。
必要な薬は医師に相談して処方してもらうとよいです。
ピロリ菌を除菌するのに効果がある食べ物として、ヨーグルトなどがあります。
一回食べるだけでは効果がほとんどありません。
出来る限り毎日継続して摂取することが必要です。
効果がある食品は多くありますので、好みで選んでみるのもよい方法といえます。
できるだけ初期症状のうちに病院に行くようにすれば問題ありません。
感染してもいきなり重い病を引き起こすわけではなく、胃もたれなどから始まって悪化させていくケースが多いです。
長い期間、胃の調子が悪ければ感染している可能性があります。
普段から、胃に負担をかけないようにすることが一番の対策といえます。
早め早めに気をつけていけば、体調を悪化させる可能性を低くすることができます。

健康サプリ関連サイト

ピロリ菌対策の最新ランキングはこちら

今すぐピロリ菌検査

ほんとうに胃の健康を保ってくれるマヌカハニー

マヌカハニー

アルギニンに関する情報、口コミランキング、たくさん掲載しています

精力増強 サプリ